いつから働けるか

ここでは、就業開始時期に関する質問に対する回答のポイントをご紹介していきます。就業開始時期を聞いてもらえるということは、採用側も採用を前向きに考えている証拠です。

スムーズな入職を実現するために、ぜひ以下のポイントに気を付けましょう。

質問の意図

採用側が就業開始時期について尋ねる際の主な質問の意図としては、下記が挙げられます。

それぞれの質問の意図と回答のポイントについて詳しく解説していきます。

いつから入職できるのかを知りたい

「いつから働けますか?」という質問の意図は、基本的には言葉通りです。採用側は、採用が決まると受入れに向けて様々な準備をする必要がありますので、採用に向けた具体的なスケジュールを確認したいのです。

回答する際のポイントは、既に離職をしているか、現職のまま転職活動をしているかによって異なります。

既に離職している場合には、素直に入職希望日を伝えれば問題ありませんが、仕事をしながら転職活動をしている場合には、退職交渉、引き継ぎなどの期間を考慮して入職可能日を伝える必要があります。

「退職交渉してみないと分からない」という回答をするわけにもいかないため、退職を申し出てから引き継ぎを実施し、実際に退職できるまでにどの程度の期間がかかるのか、現在の病院の規則や手続き内容、過去の退職者の事例などを予め調べておくとよいでしょう。

入職に対する意欲を確認したい

転職活動をしている方の中には、内定が決まったら「少し休暇をとって羽を伸ばしてから働きたい」と考えている方もいるかもしれません。

しかし、採用側としては一日でも早く来てほしいというのが本音であるケースがほとんどです。

そのため、入職希望日について、内定後の旅行や休暇などを考慮してあまりに先の日程を伝えてしまうと、入職意欲が低いと捉えられて、他の候補者を優先されてしまう可能性もあります。

目安としては、離職中の方であれば1ヵ月以内、現職中の方でも、退職予定日から1ヵ月以内での入職が現実的なラインとなるでしょう。

回答時の注意点

就業開始日を伝える上で注意しておきたいポイントは、下記となります。

「いつから働けるか」を聞かれたら、退職までの期間を考慮して、少し余裕を持って伝えておくことも重要です。

現在の病院での退職交渉や引継ぎがスムーズに進むとも限りませんし、入職に向けて想定外の準備が必要となるケースもあるからです。

入職意欲を疑われるほど先延ばしにするのは避けなければいけませんが、入職可能日を早めに伝えておいて、いざ退職手続きを進めてみたら全く間に合わなかったという展開になると、受入れ側の病院にもその間の迷惑をかけてしまうことになります。

このあたりの調整に自信がない方は、看護師転職支援会社に仲介してもらうことをおすすめします。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

サポートの手厚さで選ぶなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 なし
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2019年06月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2019年06月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2019年06月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング