自分の長所・短所

ここでは、長所・短所に関する質問に対する回答のポイントをご紹介していきます。

これも比較的よく聞かれる質問ですが、その場で論理的に答えるのはかなり難しいので、予め自分なりの回答を用意しておくとよいでしょう。

質問の意図

採用側が長所・短所について尋ねる際の主な質問の意図としては、下記が挙げられます。

それぞれの質問の意図と回答のポイントについて詳しく解説していきます。

自分のことを客観視できているかを確認したい

自分の長所・短所について聞かれた場合、採用側が一番知りたいのは、「あなたの長所・短所がどこなのか」ということよりも「本人が自分自身のことを客観視できているかどうか」という点です。

自分自身の客観視ができておらず、自己認識がずれている人は、なかなか自分の弱点を矯正することができません。客観視できる能力は、その人の潜在的な成長力や修正力と大きく関わってくるのです。

候補者に対して感じる印象とのギャップを知りたい

採用側の面接官は、面接のやりとりを通じて応募者の全てを理解することはできません。あくまで理解できるのは会話の内容やその場で感じた印象から受け取ることができる一面に過ぎないのです。

そのため、面接官の立場としては「自分が感じた印象が本当に正しいのかどうか」「自分が見落している応募者の意外なパーソナリティはないか」という点が気になります。

そこで役に立つのが、長所・短所の質問なのです。実際に、過去の経験やエピソードに基づいて長所・短所を話してもらうことで、面接官の候補者に対する印象が大きく覆ることはよくあります。

この観点を踏まえて、長所を伝える際に一番避けたほうがよいのは「コミュニケーション力があります」「初対面の相手にも好印象を与えられる点です」などのような、面接官がその場で判断できるようなポイントを挙げることです。

こうした点を長所として堂々とアピールされると、面接官の本音としては「コミュニケ―ション能力が高いかどうかを判断するのはこっちなんだけど…」「好印象ではないんだけど…」と感じてしまいます。

そうではなく、「どんな困難でも粘り強く継続して取り組めるところ」などのように、面接官が面接の場では把握しきれないようなポイントを強調するのがよいでしょう。

回答時の注意点

自分の長所・短所を伝える上で注意しておきたいポイントは、下記となります。

自分のアピールをしなければいけない面接の場で、自分の短所を正直に伝えるのは憚られるという方も多いのではないかと思います。特に、自分が短所と感じている部分に強くコンプレックスを持っている方であれば尚更でしょう。

しかし、面接の場で重要なのは「自分を魅力的に感じてもらう」ことではなく「ありのままを自分を受け入れてもらえるかを確認する」という点です。

自分を飾りたてて入職してしまっても、一緒に働けばいずれ化けの皮ははがれてしまいます。相手の期待値を高めれば高めるほどあとで苦労するのは自分なので、自分で短所を偽るよりは、自分の短所を正直に伝えて、改善の意思があるという点を併せて強調したほうがよいでしょう。

また、実は話を聞いている面接官の立場からしても、長所以上に短所についてしっかりと語ってくれる候補者のほうが魅力的に感じるものですし、あなたが短所だと思っていても、相手からすれば長所だと感じてもらえる可能性もあります。

ぜひ、自分自身を良く見せようとせず、自分が感じるありのままの自分を伝えるように心がけると良いでしょう。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

サポートの手厚さで選ぶなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 なし
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2019年10月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2019年10月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2019年10月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング