夜勤専従の看護師求人をお探しの方へ

ここでは、夜勤専従の雇用形態で転職を考えている看護師の皆様に、夜勤専従のメリットやデメリット転職成功のポイントをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

夜勤専従求人の転職市場

最近では、看護師不足を補うために常勤(夜勤あり)だけではなく夜勤専従の看護師を受け入れる病院も多く、24時間対応の院内保育所を完備する病院なども増えてきたことで、短時間で効率的に稼ぐことができる夜勤専従看護師を希望する方も増えてきています。

ただし、夜勤専従の求人は常勤(夜勤あり)の求人と比較すると求人数がとても少ないので、正職員の看護師求人をメインに扱っている看護師転職支援会社だけではなく、例えば「MCナースネット」を運営するメディカルコンシェルジュ社のように派遣や非常勤の求人をメインに扱っている看護師転職支援会社なども併せて利用して探すのがよいでしょう。

夜勤専従で転職するメリット

夜勤専従で働く一番の魅力は、勤務時間中の夜勤手当によって、同じ勤務時間数でももっとも効率的に稼ぐことができるという点でしょう。

一回の勤務で3万円~4万円を稼ぐこともできますので、もともと夜型の生活リズムが合っていて、夜勤は楽だと感じる方にとってはこれ以上ないワークスタイルと言えるかもしれません。

また、夜勤専従看護師の場合は労働時間の関係で常勤でも月の勤務日数が9日程度となりますので、オフの時間をたっぷりとることができ、プライベートも充実させることができます。

もちろん週に1回~2回、パート勤務形式でヘルプとして入るような働き方もできますので、資格の勉強をしているという方にもおすすめの働き方です。

夜勤専従で転職するデメリット

夜勤専従に限ったことではありませんが、夜勤の場合、職場は常に少人数であり、急変や緊急の対応が発生することもあるので、職場の人間関係や忙しさについても職場による当たり外れが大きく、夜勤ならではの難しさがあると言えます。

職場によっては少人数で救急対応などに追われて仮眠の時間もあまりとれないところなどもあるようなので、事前に夜勤帯の人員配置や休憩・仮眠状況、救急対応の件数などをしっかりと確認しておいたほうが良いでしょう。

夜勤専従の転職に成功するコツ

夜勤専従の求人は、常勤、パート・アルバイト勤務など様々な雇用形態があるため自分に合った働き方を選ぶことができます。

また、効率的に高収入を稼ぐことができる魅力的なワークスタイルですが、職場による当たりはずれも大きいので、求人を選ぶ際には下記のポイントをしっかりと確認するようにしましょう。

こうした職場の内情に関する情報は基本的に公開されていませんので、夜勤専従の求人を探す方は看護師転職支援会社を利用するのが一番です。

常勤の求人に強い会社と派遣・パート求人に強い会社の両方を利用して、病院の内情について詳しく情報提供してもらい、慎重に検討することをおすすめします。

夜勤専従の求人に強い看護師転職サイトは?

夜勤専従の求人に強いおすすめの看護師転職サイトとしては、下記が挙げられます。

上記の会社はいずれもキャリアアドバイザーの対応や親切さにも定評があり、親身になって相談に乗ってもらえます。ぜひ上手に転職支援会社を活用して、後悔のない転職を実現しましょう。

「働き方・雇用形態を考える」のその他のページを見る

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング