出産・育児明けのブランク看護師の方

おすすめの転職手段

出産・育児明けのブランク看護師の方におすすめの転職手段は、下記となります。

ナースセンターや看護師転職支援会社の復職プログラムを活用!

結婚や出産を機に病院を退職し、子育てがひと段落したタイミングで再度看護の現場に戻ってくる方は非常に多くいらっしゃいます。

こうしたブランク明けのママさん看護師の多くは、下記のような不安と希望をお持ちなのではないかと思います。

それぞれについて、詳しくご説明していきます。

ブランクがあるため、いきなり看護の現場に戻って問題なく働けるか?

医療の現場では制度や新薬、医療機器など、看護に必要なあらゆる知識がとても早いスピードでアップデートされていきますので、看護師として適切に業務をこなしていくためには、常に最新の知識・技術を身につけている必要があります。

ブランクが気になる方は、各都道府県のナースセンターが実施している復職支援の研修プログラムを利用するのがおすすめです。

また、民間の看護師転職支援会社の中にも、ブランク明けの看護師の方を対象とした研修プログラムを用意している会社もありますので、それらを利用するのもよいでしょう。

最近では自宅で学べるオンライン研修プログラムなども出てきていますので、家事や育児に忙しい方でも安心して復職までの準備をすることができます。

家事や育児と両立するために、ゆとりのある職場で働きたい

結婚、出産をへて復職を考える看護師の方の多くは、家事や育児などのプライベートと仕事を両立するために、パートタイムでの仕事や、残業や夜勤もなくゆとりを持って働ける療養型病院やクリニックなどを転職先として希望されます。

特に、自宅近くのクリニックなどを探される方も多いのですが、クリニックは求人数自体が少なく、看護師転職支援会社もそこまで求人を豊富に持っていないので、地元のハローワークで探す、気になるクリニックがあれば直接採用の可否を確認してみる、という方法もおすすめです。

また、求人広告サイトであればクリニックやパートタイムの求人が比較的多く掲載されている傾向にあるため、それらの中から探してみるのもよいでしょう。

療養型病院であれば看護師転職支援会社でも豊富に求人を紹介してくれると思いますが、最近では療養型といえども急性期とあまり変わらない症状の患者を受け入れている病院ンも多く、必ずしもゆとりを持って働けるとは限りませんので、転職をする前に実際の働き方や勤務体制などについて、転職支援会社を経由してしっかり確認しておくようにしましょう。

そして、育児がひと段落したらまた急性期で若い頃のようにバリバリ働きたいとお考えの方もいるかもしれません。

急性期への転職を希望の方も、ブランク明けの場合はいきなり転職するのではなく、まずはクリニックで働いたりパートタイム勤務で働いたりして仕事のリズムを取り戻してから急性期に戻ったほうがスムーズに業務に馴染んでいけるという経験者の意見も良く聞きます。

こうしたブランク明けのキャリアプランについてお悩みの方は、転職支援会社のキャリアアドバイザーに相談するのもよいでしょう。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2017年08月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2017年08月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2017年08月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング