やっぱりハード?急性期病院で働く看護師のホンネ

ここでは、急性期病院で働く看護師の方々が退職をしようと思った理由についてご紹介していきます。

急性期病院は残業や夜勤、休日出勤も多く非常に多忙な職場というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、看護師としての経験・スキルを積むことができるため、若手の看護師を中心に人気が高い職場の一つでもあります。

未経験から急性期へチャレンジしようとお考えの方々の中には、自分は急性期でもやっていけるのか?年齢的に問題はないのか?など様々な不安をお持ちの方も多いのではないかと思います。

ぜひ下記の急性期病院の勤務経験者から聞いた転職理由も参考にして、転職先として自分に合っているかどうか考えてみてください。

代表的な転職理由

急性期病院で働いていた看護師から聞くことが多い代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

急性期病院を辞めた方々の転職理由として目立つのは、残業や夜勤の多さなどから来る、精神的・肉体的な負担です。また、そうした激務に耐え続けた結果として体調を崩したり精神疾患を患ってしまったりして、退職せざるを得なくなってしまった方もいらっしゃいます。

未経験の方が急性期病院にチャレンジする以上、肉体的・精神的なハードさは覚悟する必要があると言えるでしょう。

ただし、部署や診療科目によって忙しさや業務のスピード感も大きく異なりますので、必要以上に不安になる必要はありません。転職支援会社などを活用して、入職する前にしっかりと実情を把握しておくことが重要です。

また、働き方以外の部分でも、「もっと患者一人一人とじっくり関わりたい」といったような急性期ならではの悩みを理由に転職する方もいらっしゃいます。

急性期病院の場合は、次々と新しい患者が運び込まれ、入院期間も短いので、一人一人の患者の方と病状が回復するまでじっくり寄り添って看護する、というスタイルが好きな方には合わないかもしれません。

そして、急性期病院の特徴は、一度は急性期のハードさが辛くて辞めた方も、その後、ゆとりを求めて療養型や精神病院、クリニックなどに転職したものの、しばらくするとまた急性期に戻りたくなる、という方が比較的多くいる点です。

急性期は非常にハードな反面、看護師として様々な経験・スキルが積める場でもあり、緊張感はあるもののスピード感を持って仕事ができるため、そうした看護師としてバリバリ働いていた頃の自分にもう一度戻りたい、と感じる方もいるようです。

急性期病院への転職なら

急性期病院への転職をお考えの方は、希望する病院の実際の労働環境や看護師の入れ替わり状況などを事前にできる限り把握しておくようにしましょう。

同じ急性期病院でも、看護師の定着率が高い病院もあれば、なかなか看護師が定着しない病院もあります。業務量や仕事の忙しさなどは職場の雰囲気にも影響してくるので、できることならたとえ忙しくても職場のチームワークが良く、やりがいがある職場で働きたいものです。

看護師の転職支援会社では、病院の採用担当者から聞いた情報だけではなく実際にその病院で働いていた看護師の方からの口コミ情報なども教えてくれますので、気になる病院があれば登録してみて内情を訊いてみましょう。

おすすめの転職支援会社としては、下記が挙げられます。

上記の会社はいずれもキャリアアドバイザーの対応や親切さにも定評があり、自分は本当に急性期でやっていけるのか、向いているのかなどを親身になって相談に乗ってもらうこともできます。ぜひ上手に転職支援会社を活用して、後悔のない転職を実現しましょう。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2017年08月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2017年08月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2017年08月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング