はじめての転職をお考えの第二新卒の方

おすすめの転職手段

はじめての転職をお考えの第二新卒の方におすすめの転職手段は、下記となります。

看護師転職支援会社を利用しつつ、直接応募も視野に入れて

第二新卒とは、新卒で入職後3年以内の方々のことを指します。

3年目と言えば、新卒看護師として病院に入職後、様々な苦労と失敗を重ねて、ときには「辞めたい」「看護師には向いていない」と思うこともありつつも、プリセプターや先輩看護師の助けも借りながら、ようやく一人前の看護師として仕事ができるようになってきたころではないかと思います。

ただ、社会人になってから3年目というのは、看護師だけではなく誰にとっても今後のキャリアについて悩むタイミングでもあります。

「このまま今の病院にいてスキルアップできるだろうか?」と不安になる方もいれば、「実際に看護師として一通り経験を積んだことで、本当に自分がやりたい看護が見えてきた」という方もいるでしょう。

また、社会人3年目ともなれば、結婚や出産なども徐々に現実味を帯びて考えるようになる年齢ですので、キャリアプランだけではなく今後の人生設計も含めて慎重に考える必要が出てきます。

このように、また新人の頃とは違う新たな悩みが色々と出てくる第二新卒のタイミングで「転職」という選択肢が頭に思い浮かぶのはある意味自然なことであり、実際に数多くの看護師の方々が2年目~3年目で最初の職場を離れ、次の職場へと転職しています。

こうした第二新卒の皆さんは、転職支援会社を上手に活用して、これから20代後半~30代にかけて、看護師として、また一人の女性・男性として、どのようにキャリア・人生設計をしていくべきなのか、キャリアアドバイザーに相談にのってもらうことをおすすめします。

こうした話は同僚の看護師や友人との間で話題に上ることも多いと思いますが、やはり同年代のアドバイスだけではなく、少し上の世代からのアドバイスや、既に転職や結婚、出産などを経験した20代後半~30代前半の看護師の転職相談を数多くこなしてきた転職支援会社のキャリアアドバイザーからのアドバイスは、きっと非常に役に立つはずです。

また、第二新卒の看護師というのは、採用する病院や施設側にとっても、新人のようにいちから研修する必要はないものの、かといって前の病院のやり方に染まり切っておらず、柔軟性も高い、いわば非常に採用しやすい層でもあるのです。

そのため、ただでさえ売り手市場の看護師転職市場ですから、皆さんであれば、未経験からの転科や、全く異業種への転職などを考えない限り、比較的スムーズに転職活動が進められるのではないかと思います。

そのため、転職支援会社だけに頼ることなく、興味がある病院や施設があれば、自ら直接応募してみるのもよいでしょう。

大学病院などのように転職支援会社を経由した採用活動はあまりやっていない施設もありますので、ただ登録して紹介された求人を受動的に受けるだけではなく、自ら積極的に選択肢を増やしにいくことも重要です。

はじめての転職は分からないことだらけだと思いますので、転職活動に関するアドバイスは転職支援会社から十分にもらいつつ、第二新卒の皆さんは自分が売り手市場において有利な立場にあることを認識しつつ、妥協しない職場選びをすることが重要です。

そのためには、直接応募するもよし、ハローワークや求人広告サイトで求人情報を探すもよし、とにかく幅広い選択肢を十分に検討した上で、納得のいく転職を実現しましょう。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング