ここが大変!精神病院・精神科で働く看護師のホンネ

ここでは、精神病院・精神科で働く看護師の方々が退職をしようと思った理由についてご紹介していきます。

精神病院・精神科は、急性期なのか慢性期なのか、それとも認知症病棟なのかなどによって職場の雰囲気や仕事内容が大きく変わってくるため、一概にまとめるのは難しいのですが、未経験か精神病院・精神科への転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

代表的な転職理由

精神病院・精神科で働いていた看護師から聞くことが多い代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

精神科の場合、一般科とは違い医療行為が少ないため、若手看護師の方などは看護師としてのスキル・経験を磨けないことに危機感を感じることも多いようです。また、当初から精神科に興味があったものの、いざ患者の対応をしてみると外科・内科の知識の必要性を感じることもあるようです。

そして、精神科のもっとも難しい点は、患者の対応です。そもそも精神疾患の患者の方と信頼関係を築くことは非常に難しいのですが、中には虚言に振り回されてしまったり、暴力につながったりで精神的・体力的に疲弊してしまう方もいますし、最悪のケースでは自分自身も精神疾患になってしまうというケースも見られます。

精神科経験者の看護師によれば、患者に寄り添って何とか問題を解決しようとのめりこんでしまう真面目な看護師ほど、結果として患者に引き込まれるように病んでしまうこともあるようです。

精神病院・精神科への転職なら

精神病院・精神科の場合、急性期か慢性期かなどによって働き方も大きく異なりますし、病院自体の雰囲気も様々です。そのため、そもそも自分はなぜ精神科・精神病院で働きたいのか、という転職理由と志望動機をまずはしっかりと整理したうえで、自分にフィットする病院を探すようにしましょう。

また、精神病院・精神科は一般的に男性看護師の割合が高い上に、一般病棟で一通り経験を積んだうえで、それらの経験を活かして精神科でゆったりとした看護に携わりたいというベテラン看護師の割合も多いので、職場の雰囲気は他の病院や科目とは少し異なります。

そのため、看護師の人員構成や職場の雰囲気などについても事前にしっかりと把握しておくことをおすすめします。看護師専門の転職支援会社を上手に活用して、十分に情報収集してから入職先を決めるようにしましょう。

おすすめの看護師専門転職支援会社としては、下記が挙げられます。

上記会社は、精神病院・精神科の求人が充実しており、専門のキャリアアドバイザーも数多く在籍しているので、求人の紹介はもちろん、自分は精神科に向いているのかどうかも含めて相談に乗ってもらうことも可能です。ぜひ有効活用しましょう。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2017年08月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2017年08月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2017年08月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング