おすすめ6タイプの転職手段を徹底比較!

転職手段を比較する

看護師の転職には、様々な方法があります。ハローワークや都道府県の看護協会が運営するナースセンターなど公共サービスを利用することもできますし、求人広告サイトや看護師専門の転職支援会社を利用して転職する方も最近は増えてきています。

また、こうしたサービスを利用せずに、知人や友人からの紹介で仕事を見つける方や、自分で直接病院やクリニックに応募して転職する方もいます。

それぞれの転職手段には良いところもあれば、悪いところもあります。そのため、納得のいく転職を実現するためには、それぞれのメリット・デメリットを把握しつつ、必要に応じて複数の転職方法を組み合わせていくことが重要です。

自分に合った転職活動スタイルで上手に複数の転職手段を組み合わせながら進めることで、納得のいく転職活動を実現できるはずです。

各転職手段の詳細については、下記のページを参考にしてください!

1. 看護師転職支援会社を利用する

看護師転職支援会社を利用する

転職支援会社とは、転職の相談から求人の紹介、面接の設定などを全て無料で行ってくれる会社のことです。最近は看護師の転職に専門特化している会社も多く、看護師の方々の利用者数も急激に増えています。紹介会社、人材紹介会社、転職エージェントなどと呼ばれることもあり、とても便利なサービスです。

2. 求人広告サイトを利用する

求人広告サイトを利用する

求人広告サイトは、病院や施設が求人広告会社に広告費用を支払い、採用広告を掲載しているウェブサイトです。あくまで広告なので、応募後の手続きは病院や施設の担当者と直接やりとりすることになります。採用広告には職場の写真や看護師インタビューなどコンテンツが充実しているものも多く、参考になります。

3. ハローワークを利用する

ハローワークを利用する

ハローワークというと失業給付や職業訓練などを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、求人の紹介も行っています。採用側の費用負担がないため、地方エリアを中心に未だにハローワークを通じて採用活動を展開している病院や施設も多くあります。看護師だけの求人を扱っているわけではありません。

4. ナースセンターを利用する

ナースセンターを利用する

ナースセンターとは、全国の各都道府県にある看護協会が運営しているサービスで、インターネットで病院や施設の求人を紹介しています。現状は求人数も利用者数も少ないのですが、ハローワークと求人情報を統合することになっており、今後は利用者数が増える可能性もあります。

5. 直接応募する

直接応募する

文字通り、看護師転職支援会社や求人広告サイト、ハローワークなどを活用せずに、病院やクリニック、施設に直接自分から連絡をして、面接のお願いをする方法です。一つ一つの病院に自分から連絡するのは手間がかかりますが、希望の病院が既に決まっている方にはおすすめです。

6. 知人・友人に紹介してもらう

友人・知人に紹介してもらう

知人・友人の紹介経由で転職する方法です。知り合い経由であれば事前に病院の内情をしっかり聞くことができて何かと安心ですが、良いことばかりでもありません。すぐには辞めにくいといった制限なども出てきます。友人との関係も大事にするために、ぜひ慎重な判断を心がけましょう。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2017年07月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2017年07月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2017年07月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング