思ったより忙しい?療養型病院で働く看護師のホンネ

ここでは、療養型病院で働く看護師の方々が退職をしようと思った理由についてご紹介していきます。

療養型病院は急性期とは異なり患者の平均在院日数も長く、一人一人の患者にじっくり寄り添った看護ができるというイメージをお持ちの方も多いのではないかと思います。

療養型病院は急性期病院のハードさに疲れてしまった方や、自分のペースで働きたいベテラン方から人気がある職場ですが、いざ入職してみると、仕事を物足りなく感じたり職場の人間関係に不満を抱えたりして、また急性期に戻りたいと考える看護師の方も少なくありません。

ぜひ下記の療養型病院の勤務経験者から聞いた転職理由も参考にしながら、療養型病院が転職先として自分に合っているかどうか考えてみてください。

代表的な転職理由

療養型病院で働いていた看護師から聞くことが多い代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

療養型病院の転職理由としてよくあるのが、「急性期と比較すると学びが少ない」「同じことの繰り返しでやりがいが少ない」といった仕事内容についての不満です。

急性期から転職してきた方の中には、急性期の肉体的・精神的なハードさに疲れて療養型に転職してきたにも関わらず、しばらく療養型で働いていると、急性期でバリバリ働いていた頃の自分に戻りたくなる方も多いようです。

また、その逆に、できる限り負担を減らすために療養型に移ってきたにも関わらず、いざ入職してみると想像以上に忙しく、働き方が改善できなかった、という方もいらっしゃいます。

一般的に療養型は急性期と比較するとゆとりを持って働けるイメージが強いのですが、実際の内情は個々の病院によって大きく異なりますし、看護師が不足している病院では一人一人の負担も大きくなっています。このあたりは事前にしっかり確認しておくことが重要です。

特に最近では急性期病院の在院日数が短くなってきている傾向にあり、療養型にも急性期の症状とあまり変わらない患者の方々の割合も増えてきていますので、働き方の改善を理由に療養型への転職を考えている方は要注意です。

そして、療養型の転職理由として、「職場の人間関係が良くない」という理由も良く挙げられます。療養型は急性期と比較すると若手よりもベテラン看護師の方が多く、若手看護師の方ほど先輩看護師との人間関係に悩みがちのようです。

また、療養型の場合は仕事柄、急性期よりも看護師同士の人間関係がウェットになりがちという点も影響しているのかもしれません。

療養型病院への転職なら

未経験から療養型病院への転職をお考えの方は、療養型の一般的なイメージに捉われず、希望する病院の内情や働き方について、転職支援会社を活用しながら事前にしっかりと把握しておくことが重要です。

残業の状況や仕事の忙しさ、実際の仕事内容などはもちろん、職場の人間関係や在職中の看護師の平均年齢などについても把握できればベストです。

急性期の看護よりも療養型の看護のほうが自分のスタイルに合っているとお考えの方は多くいらっしゃいますが、実際には療養型といっても病院によって忙しさや看護師の役割も異なるので、入職前にイメージと現実とのギャップを解消しておくことがミスマッチを防ぐ上で何よりのポイントとなります。

しかし、そうした個別の病院の内情については外部からはなかなか分かりませんので、看護師専門の転職支援会社に登録し、情報提供してもらうのが一番です。おすすめの転職支援会社としては、下記が挙げられます。

上記会社は、病院の採用担当者への直接取材やヒアリングに基づく情報はもちろんですが、看護師の方々からのリアルな口コミ・体験談も豊富に蓄積されていますので、気になる病院があればぜひその詳細について問い合わせてみましょう。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング