結婚を機に転職をお考えの方

おすすめの転職手段

結婚を機に転職をお考えの方におすすめの転職手段は、下記となります。

ハローワーク・直接応募・求人広告サイトで、地元の求人もしっかり探そう

新卒で急性期病院に入職し、数年間は夜勤も残業もこなしてきたものの、結婚を機に、もう少しゆとりを持って働ける療養型病院やクリニックに転職したいという方は少なくありません。

正職員から、パートタイム職員に働き方を変えたいという方も多くいらっしゃいます。家事や出産に向けた準備などプライベートの時間を確保するために、通勤の負担がない自宅近くの病院やクリニックを希望している方も多いのではないでしょうか?

地元のクリニックや病院の求人をお探しの方は、転職支援会社を活用するだけではなく、ハローワークを通じて求人を探したり、場合によっては自分自身で直接クリニックや病院に問い合わせて採用状況の可否を確認したりすることも重要です。

地元の小さな開業医クリニックや地域の療養型病院の中には、看護師転職支援会社には求人を依頼せずに、ハローワークだけで採用活動をしているところも少なくありません。

クリニックの中には、募集自体表立っては行っていないケースも多くあります。そんため、転職支援会社だけに頼ると、自宅の近くの求人を探してほしいとお願いしても、どうしても選択肢が限られがちです。

また、パートタイムの求人を探している場合は、求人広告サイトなども有効です。費用をかけて採用活動を行っているクリニックの多くは、求人広告サイトを積極的に活用しています。

ただし、働き方を変えるにあたって注意しておきたいこともあります。例えば、急性期から療養型へ転職する場合、急性期からクリニックへ転職する場合など、これまでと異なる環境へ転職をお考えの方は、転職を決める前に、次の職場が本当に自分に合っているのかどうか、慎重に検討するようにしましょう。

急性期を辞める方のほとんどは、残業や夜勤などの忙しさからくる肉体的・精神的な負担を理由に挙げますが、最近では急性期の在院日数が減少傾向にある中、療養型でも急性期とあまり変わらず多忙な病院も増えてきていますし、クリニックはクリニックならではの苦労や難しさもあります。

また、急性期を離れて療養型に転職したものの、しばらくすると急性期でバリバリ仕事をこなしていた頃の自分にもう一度戻りたいと思うようになる方も少なくありません。

大病院で経験を積んできた方などは、地元のクリニックに転職すると、そこで働く医師や看護師の医療モラルの低さに辟易してしまうこともあるようです。

こうした転職後のトラブルを防ぐためには、看護師転職支援会社を活用して、キャリアアドバイザーに事前にカウンセリングやアドバイスをしてもらうのが有効です。

結婚を機に自分のライフスタイルを見直そうという方は非常に多いのですが、中には自分で気づいていないものの、急性期のように高い緊張感と目まぐるしい忙しさの中でバリバリ働いているほうが性に合っているという方もいるのです。

イメージだけで転職を考えるのではなく、ぜひ自分自身の適性と、各職場の現実をしっかり理解した上で転職するかどうかを検討しましょう。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング