老人ホームってどうなの?介護施設で働く看護師のホンネ

ここでは、介護施設で働く看護師の方々が退職をしようと思った理由についてご紹介していきます。

介護施設には特別養護老人ホーム、養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホームなど様々な種類の施設があり、施設によって看護師の体制や役割も変わります。

そのため、どのような施設で働くかによって悩みも変わってくるのですが、一方で、介護施設で働く看護師の方々が共通して抱える悩みや不満も存在しています。

ここでは、介護施設ならではの代表的な転職理由をご紹介しています。

代表的な転職理由

介護施設で働いていた看護師から聞くことが多い代表的な転職理由としては、下記が挙げられます。

職場としての介護施設が病院ともっとも違う点は、介護施設においては「看護師は少数派」だということです。介護施設では介護士やケースワーカーなど介護関連職の方が中心に働いているため、看護師としての専門性を活かしつつ、以下の他の医療専門職スタッフと上手に連携して仕事を進められるか、という点が重要になります。

看護師の数が少ないため、急変時などは看護のプロとして自身がリーダーシップをとって対応していくことが求められ、プレッシャーもかかります。

また、休日の融通が利かない、オンコールが多く精神的負担が大きいなど、看護師の数が少ないために苦労することも多くあります。

そして、介護施設の場合、病院とは違って基本的には処置よりも利用者の健康管理が主な仕事となります。また、施設によっては看護業務だけでなく介護業務の割合が多いところもあり、このままでは看護師としてのスキルが身につかないと考えて転職される方もいます。

介護施設においては「処置」よりも「ケア」が中心となりますので、キャリアプランや身に付けたいスキルによって向き・不向きがあると言えるでしょう。

介護施設への転職なら

介護施設は病院とは全く違う環境ですので、未経験から介護施設への転職をお考えの方は、ぜひ看護師専門の転職支援会社に相談し、キャリアアドバイザーからアドバイスをもらうことをおすすめします。

介護施設に転職した場合のその後のキャリプランなどはもちろん、気になる施設があればその内情について訊いてみるのもよいでしょう。

転職支援会社には介護施設の求人自体はあまりありませんが、介護施設で勤務経験がある看護師の口コミや体験談はデータベースに蓄積されていますので、それらの情報を提供してもらいながら、実際の仕事や職場に対するイメージを掴んでいくのがよいでしょう。

おすすめの看護師専門転職支援会社としては、下記が挙げられます。

高齢社会が急速に進む昨今において、高齢者のQOL向上は社会的な重要テーマの一つですが、その中でも介護施設で働く看護師は多大な役割を果たしており、非常にやりがいがある仕事です。興味がある方はぜひ事前にしっかりと情報収集をしたうえで、希望の転職を実現してください。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2017年10月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る
看護師転職マニュアル

ランキング