転職の相談に乗ってもらえる

まだ転職支援会社を利用したことがない看護師の方々の中には「転職支援会社に登録すると、転職をしなければいけない」「強引に転職をさせられてしまう」と考えている方も少なくありませんが、実はこれは大きな勘違いです。

看護師転職支援会社に登録をしたからといって必ず転職をしなければいけないわけでは決してありませんし、紹介された病院や施設以外の面接に行ってはいけないわけでもありません。

むしろ、中には看護師の立場になって真剣にキャリアプランを考えた結果、今は転職を思いとどまるようにアドバイスしてくれるキャリアアドバイザーもいるほどです。

転職支援会社の良いところは、「転職しようかどうか迷っている」「アドバイスをもらったうえで転職をするかどうか決めたい」など、まだ転職するかどうかが決まっていない方でも相談に乗ってもらうことができるという点です。

キャリアアドバイザーは頼れる相談相手

看護師の方々が良く口にするのは、「仕事やキャリアの悩みがあっても、なかなか相談相手がいない」という悩みです。

一般のサラリーマンやOLであれば仕事の悩みは友人や恋人など身近な存在に相談できるのですが、看護師の場合はなかなかそうもいきません。

看護師は仕事内容の専門性が高い上、夜勤など特殊な働き方をしているため、看護や医療の世界に携わっている方でなければ、悩みに共感してもらうことは難しいのです。

また、相談に乗ってもらうことはできるとしても、看護師としてのキャリアについて的確なアドバイスをもらうのは難しいでしょう。

だからといって、職場の先輩や上司に仕事の悩みを打ち明けるのも難しいでしょう。それでは看護学校時代の同期はどうかというと、皆が辛い中で必死に頑張っているのに、自分だけ弱音を吐いている姿は見せたくない、と考える若手看護師の方も多く、これもなかなか本音が打ち明けづらいようです。

こうして、看護師は仕事やキャリアなど自分の悩みを心にしまったまま誰にも相談することができずに働き続け、肉体的・精神的に疲弊してしまうのです。

このような看護師ならではの環境があるからこそ、看護師転職支援会社のキャリアアドバイザーは仕事やキャリアの相談相手としてとても頼りになります。

キャリアアドバイザーであれば友人や家族とも違うので、あなたの状況を見て冷静かつ客観的なアドバイスをしてくれますし、適度な距離を置いて付き合えるので、本音で相談しやすいはずです。

また、看護師転職支援会社のキャリアアドバイザーであれば看護や医療の世界には精通していますから、看護師のキャリアの専門家の視点からアドバイスをもらうこともできます。

看護師転職支援会社のキャリアアドバイザーは大体20代後半~30代前半ぐらいの方が多いので、若手看護師の方はお兄さん・お姉さんのような感覚で頼ることができますし、中堅看護師の方であれば同年代の友人のような感覚で、結婚や出産など仕事以外の悩みに共感してもらうこともできます。

そして、20代~30代のアドバイザーは40代・50代のベテラン看護師の方からも人気があります。若い方と話すだけで元気がもらえて、働く意欲が湧いてくるという方もいるほどです。

いずれにせよ、病院や施設といった閉鎖的な空間で働いていると、外部の立場から親身になって色々な相談に乗ってくれるキャリアアドバイザーの存在はとても頼もしく感じるはずです。

転職するかどうかが決まっていなくても、仕事やキャリアについて悩みがある方は、ぜひ思い切って転職支援会社に相談してみましょう。これまでのモヤモヤから解放されて、新たな道が開けるかもしれません。

看護師転職支援会社が無理に転職をすすめない理由

看護師の皆様の中には「看護師転職支援会社に登録すると、強引に転職させられるのでは?」と不安に感じている方も少なくありません。

これは、一部の転職支援会社、それも一部のキャリアアドバイザーが登録者に対してしつこく電話をかけたりメールしてきて、やたらと求人を紹介してきたり面接をすすめてきたりするという事例が、あたかも看護師転職支援会社全体のイメージのように語られることで起こっている大きな勘違いの一つです。

もちろん看護師転職支援会社の仕事は病院や施設に看護師を紹介することであり、登録すれば連絡が来るのは当たり前です。

しかし、基本的にわざわざ強引に看護師を転職させようとするような会社はありません。

なぜなら、そのような行為は結果としてその会社自身を苦しめるだけだからです。

一般的に、看護師は民間企業で働くビジネスマンよりも非常に転職回数が多い傾向があります。

そのため、転職支援会社の立場で言えば、せっかく登録してくれた看護師の方を強引に転職させようとして印象を悪くするよりも、その都度丁寧に対応をしていたほうが、結果としてまたいつか転職のタイミングがやってきたときにその方が自分たちのところへ相談しに来てくれる可能性が高いのです。

転職相談の内容によってはあえて転職を思いとどまらせるようにすることがあるのも、こうした背景があるからです。

そのときどきで短期的な利益を求めて強引に転職を進めるよりも、その都度看護師の立場になって親身な対応をしていたほうが、結果として一人ひとりの看護師の方と長く良い関係を築くことができ、転職の相談をしてもらえる可能性は高まる、ということです。

また、看護師は非常に狭い世界の中で働いていますから、悪い評判はすぐに広まってしまいます。またその逆に、良い評判が広まるのも早いのです。

そのため、看護師転職支援会社は「転職支援会社」といえども、あくまで長期的な視点で転職のサポートをしてくれる会社だと考えましょう。

中には悪質な会社やキャリアアドバイザーがいることもありますが、もし運悪くそうした会社や担当者にあたってしまった場合、違う会社に登録したり、アドバイザーの変更を依頼したりすれば、必ずあなたの立場に立って親身に相談に乗ってくれるアドバイザーに出会えるはずです。

はじめて登録をされる方は不安に思う方も多いかもしれませんが、ぜひ思い切って悩みを相談してみましょう。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

サポートの手厚さで選ぶなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 なし
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2019年10月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2019年10月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2019年10月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る

ランキング