内定

面接を受けて見事に合格すると、晴れて「内定」となります。

内定時に気をつけるポイントは、下記の3点です。

それぞれのポイントについて説明していきます。

条件面は妥協せずにしっかりと擦り合わせる

内定時には、採用側と勤務開始日や勤務条件、給与などについてしっかりと擦り合わせるようにしましょう。

また、病院や施設側から提示されている条件がどうしても希望に合わない場合は、担当のキャリアアドバイザーに代理で交渉してもらうことも可能です。

条件面に関する交渉となると、入職後のことも考えるとなかなか切り出しづらいと考える方も多いのですが、看護師転職支援会社にお願いすればこうした面倒でやりづらい交渉ごとも全て任せられるので、とても頼りになります。

ほとんどの病院が看護師の採用に必死ですので、しっかりと交渉すればこちらの条件を飲んでくれることも少なくありません。

納得のいく転職を実現するために、看護師転職支援会社をフルに活用して最後までしっかりと妥協せずにやり取りすることをおすすめします。

キャリアアドバイザーからの後押しに流されない

また、看護師転職支援会社の中には、内定が出ると早く意思決定をするように急かしてくるケースもありますので、もし無理やり意思決定を迫るようなことがあれば、毅然とした態度で断ることが重要です。

流されるままに入職してしまい、入職してから後悔しても手遅れです。

自分で納得がいくまで考え抜き、入職に向けた不安が全て解消された段階ではじめて入職の意思を示すようにしましょう。

一度入職すると決めたら、意思は覆さない

そして、一度入職する意思を伝えたら、基本的にその意思は覆さないというのが礼儀です。

「入職の意思を伝えた後にやっぱり辞退」ということになると、看護師転職支援会社だけではなく病院側にも多大な迷惑がかかってしまいます。

あなたの採用が決まったことで既に入職に向けた備品の準備などを進めているかもしれませんし、場合によってはあなたの入職に伴い病院内での人員配置換えが行われている可能性もあります。

また、採用が決まったことで求人募集がストップしたとなれば、病院側の採用機会の損失につながることはもちろん、他の看護師の方々の転職機会の損失にもなります。

入職する意思を伝えると、それを前提としてあらゆる物事が動き出し、色々な人に影響が及んでいくのです。

入職を決める際は、それだけ自分の発言に責任を持って意思を伝えるようにしましょう。

「看護師転職サイトに登録後の流れ」のその他のページを見る

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

サポートの手厚さで選ぶなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 なし
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2019年04月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2019年04月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2019年04月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る

ランキング