求人紹介

電話面談などでこちらの転職理由や希望条件などを伝えると、看護師転職支援会社のキャリアアドバイザーは条件に合った求人を紹介してくれます。

求人を紹介してもらう際は、下記のポイントを意識しましょう。

それぞれのパターンついてご説明していきます。

自分の希望した条件に合っているか

まず一番大事なのは、自分が伝えた希望条件に沿った求人を紹介してくれているかどうかです。

少しでもピントがずれているなと感じたら、遠慮せずその旨をキャリアアドバイザーにその旨を伝えましょう。

あなたがキャリアアドバイザーに具体的なフィードバックをすればするほど、その後の求人の紹介精度は上がっていきます。

逆に、こちらの要望をしっかりと伝えないと、いつまでたってもピントがずれた求人ばかりを紹介されて、お互いに時間の無駄になってしまいます。

特に、最初のタイミングで明確な希望を伝えなかった場合、キャリアアドバイザーも「まずは希望を明確にしていくために幅広いタイプの求人を紹介しよう」と考えて、数多くの求人を送ってきてくれることもあります。

実際に具体的な求人を見たり比較したりする中で徐々に自分が転職に求めているものが明確になってくるという方もいると思いますので、そうした場合、しっかりと相手に応募したい・応募しないなどの理由も含めてフィードバックすることが重要になります。

その求人を紹介した理由を併せて伝えてくれるか

いくら看護師の転職市場は売り手市場だとは言えども、条件が良い人気の病院の求人は倍率も高いですし、そもそも欠員が出ずに求人が出ていないケースもあります。

キャリアアドバイザーに自分の希望を伝えたところで、全ての希望が叶う求人が見つかるとは限りません。

そのため、実際には自分が伝えた希望とは条件が異なる求人が紹介されるケースもよくあります。

その際に大事なのは、キャリアアドバイザーが「なぜその求人を紹介したのか」という理由も併せて伝えてくれるかどうかです。

ただ単に求人を紹介してくれるだけではなく、その理由も一緒に伝えてくれるキャリアアドバイザーであればとても信用ができます。

たとえ当初に伝えた希望とは少しずれていても、何らかの理由で自分にフィットする可能性がある求人であれば、十分に検討する意味はあります。

また、実際には最初から自分の本当の希望がはっきりと分かっている人はあまりいませんし、キャリアアドバイザーから思いもよらない求人を紹介されたことで逆に自分では気付けなかった選択肢に気付かせてもらえたという看護師の方も多くいらっしゃいます。

その求人の良い部分だけではなく、悪い面も含めて両面を伝えてくれるか

看護師転職支援会社のキャリアドアバイザーの立場としては、まずは紹介した求人に応募をしてもらわなければ話は始まりませんので、中には応募意欲を喚起するために紹介した求人の魅力的な部分だけをオーバーに強調したり、あまりおすすめできない部分は教えてくれなかったりすることもあります。

しかし、どんな病院・求人も良い面もあれば悪い面もありますので、一面的な情報に惑わされることなく、しっかりとメリット・デメリットの両方を把握することが重要です。

おすすめの求人を紹介されたら、逆に「この病院について、逆にあまりおすすめできない点はありますか?」などのように、悪い面も事前にしっかりとヒアリングしてくとよいでしょう。

「看護師転職サイトに登録後の流れ」のその他のページを見る

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

サポートの手厚さで選ぶなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 なし
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2018年12月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2018年12月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2018年12月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る

ランキング