面接のアドバイスをしてもらえる

看護師転職支援会社経由で面接を受ける場合、面接の前にアドバイスを受けることができます。

看護師の場合は売り手市場が続いており、看護師資格さえ持っていれば誰でも採用したいというような病院も多くありますので、中には面接対策や面接アドバイスはそんなに必要ないと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

また、中には「私は面接には自信があるので大丈夫」という方もいるでしょう。

しかし、やはり看護師からも人気が高く採用枠も少ない病院の場合、面接の出来が合否を分ける大きな要素となってきますし、最近では特に過去の転職回数が多い方などは面接で落ちることも増えてきているので、しっかりとした対策が必要になります。

看護師転職支援会社がしてくれる面接アドバイスは、履歴書作成アドバイスと同様に、大きく分けて下記の3つの段階があります。

それぞれについて詳しくご説明していきます。

面接時の基本的なマナー

転職活動が初めてという方の中には、基本的な面接マナーが理解できていない方もいるかもしれません。面接時の服装やメイク、話し方、姿勢など、相手に悪い印象を与えないための基本的なマナーはしっかりと身につけておく必要があります。

ただし、こうした基本的な面接マナーは看護師転職支援会社に頼るまでもなく、書籍やインターネットで十分に勉強することができますので、自信がない方はしっかり対策をしておきましょう。

好印象を残す面接テクニック

面接を受ける上での最低限のマナーを抑えたうえで、次に大事になるのが、好印象を残す面接テクニックです。

過去の職歴や仕事内容に関する説明の仕方、ネガティブだと思われない転職理由の話し方、聞きづらい質問を上手に聞く方法など、面接官に好印象を持ってもらうための面接テクニックは様々にあります。

このあたりの面接テクニックや注意点については、転職のプロである転職支援会社のキャリアアドバイザーに教えてもらうのが一番です。

特に、転職理由の伝え方、ブランク期間の伝え方、入職意欲の伝え方などは、話す内容によって面接官の印象は大きく変わってきますので、事前にしっかりとアドバイスしてもらうことをおすすめします。

病院や担当者ごとの面接対策

看護師転職支援会社からの面接アドバイスとしてもっとも価値が高いのが、病院や施設ごと、採用担当者ごとの面接対策です。

看護師転職支援会社のアドバイザーは、過去に求人先の面接にも何度も同席していますので、個別の病院や施設ごとに、「その病院では面接時にどういった質問をするのか?」「面接官はどういった部分を重視しているのか?」「面接官特有の癖はあるか?」「過去に面接で落ちてしまった方にはどんな傾向があるか?」など、個別の具体的な情報を持っているのです。

これらの情報を事前に教えてもらえるかどうかで、面接のできは大きく変わってきます。

そして、これらの病院ごと・採用担当者ごとの面接の傾向や対策については、いくら書籍やインターネットを探してみても、情報を見つけることはできません。

看護師転職支援会社を利用することで得られる「面接対策アドバイス」とは、一般的な面接アドバイスやテクニックのことではなく、この病院や担当者に応じた面接対策のことを指すのです。

特に看護師の方から人気が高い病院の場合、過去の職歴はマッチしていても面接で落とされてしまうこともよくあるので、ぜひ事前にしっかりと万全の対策をしたうえで面接に臨みましょう。

この記事へのコメントはこちら

ナースリンクのおすすめ看護師転職サイトTOP3!

看護のお仕事

サポートの手厚さで選ぶなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 なし
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2019年08月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2019年08月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2019年08月の登録数:4

※登録数は当サイトからの1ヶ月の登録者数を集計したものです。

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る

ランキング