看護師は転職回数が何回までなら大丈夫? | 看護師の転職選びならナースリンク

質問:看護師の転職回数は、何回までなら転職できますか?

看護師の転職市場は圧倒的な売り手市場が続いており、一般ビジネスパーソンに比べれば看護師ははるかに転職がしやすい職業であると言えます。

また、一般のビジネスパーソンと違い、看護師の場合は転職を重ねてもそのたびに給与がダウンするということはあまりありませんので、それも転職をしやすくしている1つの要因だと言えます。

採用する病院側の多くも、看護師資格を持っている人であればすぐにでも採用したいと考えているのが現状ですので、一部の人気病院などを除けば転職回数自体が大きなネックとなるケースはそれほど多くありません。

しかし、あまりに転職回数が多い、または一回一回の職歴が短い場合は、採用側としても「この人は採用してもまた辞めてしまうのでは?」と不安になるものです。

目安としては、20代であれば2~3回、30代であれば3~4回ぐらいの転職回数であれば、それ自体がネックとなり転職活動に苦戦することはあまりないでしょう。

もちろん、上記より遥かに転職回数が多く、7回、8回と重ねている方でも転職に成功している方は多くいますし、その逆に転職回数は少なくても他の理由でなかなか次の入職先が見つけられない方も少なくありません。

病院の採用担当者の中には、転職回数自体よりもそれぞれの「期間」と、辞めた「理由」のほうが大事だと考えている方も多いので、何らかの一貫性を持って転職を繰り返し、キャリアアップをしてきた方であれば、転職回数がネックになるどころかむしろプラス評価になることもあります。

採用する病院にとって大事なのは、あなたの過去よりも「これから具体的にどう病院に貢献してくれるのか」という点ですから、その点を熱意と共にしっかりと伝え、長く働いていきたいという意思を示すことができれば多くの場合は転職回数がそれほど大きなネックにはならないはずです。

そうはいっても、むやみに転職を繰り返すことは決してよいことではありませんし、転職を繰り返しているとそのたびに新しい人間関係を構築する必要があり、ストレスや精神的負荷もかかります。

転職をすれば全ての問題が解決するとは限りませんし、仮に現在の悩みから解放されたとしても新たに違う悩みが増える場合もありますので、転職をする際はぜひ慎重に考えて、看護師転職サイトも活用しながらしっかりと情報収集をして検討を進めるようにしましょう。

その他の質問を見る

看護師の転職活動について

看護師の転職について

看護師転職サイトの登録前によくある質問

看護師転職サイトの仕組みについて

看護師転職サイトのキャリアアドバイザーについて

看護師転職サイトのキャリアアドバイザーとの面談について

看護師転職サイトの求人紹介について

看護師転職サイト経由の面接について

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る

ランキング