新卒看護師は1年未満の離職でも大丈夫? | 看護師の転職選びならナースリンク

質問:新卒看護師なのですが、就職後1年未満で退職しても、転職できますか?

新卒で病院に入職したものの、就職してから数ヶ月で休職・退職してしまう看護師の方は決して少なくありません。実際に看護の現場で仕事をしてみてリアリティショックを受けてしまう方、プリセプターとの相性が合わず、精神的に病んでしまう方など、理由は様々です。

結論から言えば、新卒で入職後、かりに1年未満で退職してしまっても、次の職場を見つけることはそこまで難しくありません。看護師の転職市場は売り手市場が続いており、多くの病院は看護師資格さえ持っていればすぐにでも採用したいというのが本音なのです。

しかし、転職できるかどうかという点と、転職してうまくいくかどうか、という点は全く異なるので注意が必要です。特に入職して間もない新卒看護師の方は、退職を決める前に転職をすることで今の問題が本当に解決されるのか、しっかりと考えることが重要です。

どの職場にも大変な面や理不尽だと感じる面はありますし、どの職場にも人間関係の問題は存在しています。職場は好きな人間同士が集まって仕事をしている場所ではないので、当然ながら相性が合う人もいれば合わない人もいます。全ての問題を今の職場のせいにして退職してしまうと、かりに新しい職場を見つけたとしてもまた同じことを繰り返してしまう可能性もあります。

もし問題が自分の仕事に対するスタンスや考え方にあるのであれば、職場を変えたところで問題は解決しないのです。そのため、転職しようと思ったら、まずは転職しようと思うに至った原因や理由が、転職によって本当に解決されるものなのか、しっかりと考えてみることをおすすめします。

自分一人で考えるのは難しいと思いますので、看護師転職サイトのキャリアアドバイザーに相談してみるのも有効です。看護師転職サイトのキャリアアドバイザーは、毎年同じような新卒看護師の悩みを数多く聞いていますので、これまでの経験に基づいてより具体的で客観的なアドバイスをしてくれます。

そして、仮に転職を決意したとしても、前職をすぐに退職してしまった場合、面接時にその理由を尋ねられる確率が高いので、しっかりと相手が納得できる回答を準備しておく必要もあります。

前職期間が短いと、採用担当者としても「この人は採用したとしてもまたすぐに辞めてしまうのでは?」と不安に思うものです。こうした不安を払しょくし、「この人なら大丈夫だ」と思ってもらうためには、しっかりとした理由と今後のビジョンが必要です。

看護師転職サイトに登録すればそうした面接アドバイスやフォローなども受けられますので、転職活動にあまり自信がない方はぜひ活用することをおすすめします。

新卒看護師の場合、看護師としてのキャリアはまだ始まったばかりで、いくらでも修正が可能です。ぜひ長期的な視点を忘れずに、今自分にとって何が最適な選択肢なのか、しっかりと考えるようにしましょう。

その他の質問を見る

看護師の転職活動について

看護師の転職について

看護師転職サイトの登録前によくある質問

看護師転職サイトの仕組みについて

看護師転職サイトのキャリアアドバイザーについて

看護師転職サイトのキャリアアドバイザーとの面談について

看護師転職サイトの求人紹介について

看護師転職サイト経由の面接について

ページTOPへ戻る
ページTOPへ戻る

ランキング