インシデントで落ち込んでしまったら?自分に言い聞かせる5つのポイント

2013299158747

新人の看護師につきものなのがインシデントです。インシデントを起こしてしまった日は患者の方にも申し訳ない気持ちでいっぱいになりますし、先輩や上司からも厳しく指導され、なにかと心が落ち込むものです。

まして、同じインシデントを短期間に繰り返してしまったときや、同じ患者の方に繰り返してしまったときの心の落ち込み具合と来たら、もう辛くて看護師を辞めたくなるという気持ちも分かります。しかし、インシデントを起こしたからといって「自分は看護師に向いていない」と思いこんでしまったり、必要以上に業務にびくびくしたりしていてはかえって逆効果です。

ミスをしない人間はいませんし、インシデントは看護師として一人前に成長するまでの糧と考えて乗り越えていくしかありません。しかし、できることならインシデントは未然に防ぎたいし、もし万が一インシデントを起こしてしまっても、すぐに立ち直りたいものです。

そこでここでは、インシデントに悩んでいる看護師の方に向けて、いくつか簡単なアドバイスをご紹介したいと思います。もう絶対にインシデントは起こしたくないという方は、ぜひ下記4つを覚えておきましょう。

1. 十分な準備と情報収集が命

まず頭に入れておきたいことは、失敗を防ぐうえでは事前の入念な準備と情報収集にまさるものはないということです。人が自信を持つ上で必要なのは、ずばり知識と経験の2つだけで、このどちらかを豊富に持っていれば人は自信を持って物事に取り組むことができますが、そうでなければ誰だって失敗が怖くなるものです。自信のなさにより冷静な判断力を失うと、更なるインシデントにつながる可能性がありますから、インシデントが怖くなってしまった方はとにかく徹底的に知識と経験を増やすしかありません。

しかし、新人看護師の方のほとんどは経験が豊富ということはありませんから、増やせるのは知識ぐらいです。看護の現場において必要となる知識は現場の状況によって異なってくる以上、できることはとにかく業務に臨む前に十分な準備と情報収集をすることしかないのです。

2. 遠慮せずに、周りに聞く

次に大事なのは、分からないことがあれば遠慮せず周りに聞くことです。自分の判断に自信がなければ、恥やプライドは捨ててとにかく聞くこと。曖昧な知識と判断でインシデントを起こすより、嫌味の一つを言われながらでも誰かにアドバイスをもらったほうが結果的には自分にとってプラスになるはずです。とはいえ、先輩や上司からしても同じことを何度も聞かれるのは嫌なもの。聞いたことは必ずメモをするなど、自分なりの努力と誠意を見せてもらえば、いざというときに必ず周りの仲間が助けてくれるはずです。問題に直面したとき、小さな見栄やプライド、恥ずかしさが原因で周りに助けを求められないことが、一番よくないのです。

3. 原因と対策をしっかり考える

もしインシデントを起こしてしまったら、心が落ち込むのは当然のことです。むしろ、全く落ち込むことなく呑気な態度の看護師がいたとしたらそれはそれで問題です。ただし、必要以上に落ち込んだり自分を責めたりしても、事態は良い方向には進んでいきません。まずはインシデントが起こってしまった原因と対策をしっかりと考えること、そしてそれを基に先輩や上司としっかりと話し合うこと。これが一番大事です。

インシデントを起こしてしまった以上、そこから何かを学ぶのはあなたの義務でもあります。「なぜ起こったのか?」「どうすれば防げたのか?」などをいったん私情は抜きにして客観的な目線から分析することがとても重要となります。

4. 周りのアドバイスをしっかりと聞く

インシデントを起こしてしまった際に、ついつい自己弁護の気持ちが前に出てしまい「自分のせいじゃない」と思うこともあるかもしれません。この気持ちはよく分かりますが、これはあくまで自分は問題の原因ではないと言い聞かせることで現実を直視することから逃げているだけです。こうした態度を貫いているといつまでたってもインシデントは減りませんし、重大な事故につながる可能性もあります。インシデントが起こってしまったら、まずはその状況をきちんと周囲に報告したうえで、アドバイスをしっかり聞きましょう。

その時点で考えなければいけないことは「誰が悪いのかを決めること」ではなく「今後のためにどうするのがベストなのか」ということなのです。あなたが素直に人の意見を聞く姿勢を持っていれば、先輩や上司も真摯にアドバイスをしてくれるはずです。

5. 慢心しているよりはまし

一度インシデントを起こしてしまうと、次回からはどうしても前回の失敗が頭をよぎり、びくびくしてしまうということがよくあります。この不安な気持ちに悩まされている看護師の方も多いと思いますが、そんなときは「慢心」しているよりは「びくびく」しているぐらいがちょうどよい。と自分に言い聞かせましょう。交通事故の多くは初心者ドライバーではなくベテランドライバーがおこすのと同様で、事故の多くは「慢心」から生まれるものなのです。

度重なるインシデントにより看護師としての自信を失ってしまったという方もいると思いますが、これは誰もが通る道です。上記の5つのポイントを頭に入れて、ぜひ自分に言い聞かせましょう。また、それでもインシデントの不安や恐怖、自己嫌悪から抜け出せない人は、自分のありのままの気持ちを誰か第三者に聞いてもらうのも一つの手です。

家族や友人でもいいですが、身近な人には本音を吐き出しづらいという方は、看護師転職支援会社のキャリアアドバイザーでもよいでしょう。自分の気持ちを吐き出すだけでも心はすっと軽くなりますので、くれぐれも自分だけで抱え込まないようにしましょうね!

転職や、就職を考えている方は転職サイトがおすすめです。

なんで看護師転職サイトに登録したほうがよいの?
なぜなら、転職サイトには皆さんが決して入手できない、下記の情報が集まっているからです。
過去に働いていた看護師からのリアルな口コミ
病院の採用担当者から聞いたリアルな職場事情
転職エージェント担当者の直接取材に基づくリアルな情報
具体的にどんな情報を教えてくれるの?
例えば、下記のような内部情報を教えてくれます。わからないことがあれば、あなたの代わりに直接病院に聞いてもくれますよ!
  • 職場の人間関係
  • 入植後のリアルな年収上昇カーブ
  • 過去に辞めた看護師の退職理由
病院の情報を詳しく知りたいならどの転職サイトがおすすめかしら?
東京エリアの求人に強い会社がオススメです。30社以上の中からナースリンクが厳選した3社はコチラ!下記3社の中から少なくとも2社に登録しておけば、より客観的な情報が得られてオススメです!

看護のお仕事

4.95

おすすめポイント

  • 転職祝い金最大12万円
  • サポートの手厚さ
  • 国内最大級13万件以上の求人数!

対応エリア

全国
求人数 スピード サポート
アドバイザー サポート 顧客満足度

対応エリア

全国

ナース人材バンク

4.52

おすすめポイント

  • 紹介支援実績No.1
  • 年間10万人以上が利用
  • スピード、サポート力

対応エリア

全国
求人数 スピード サポート
アドバイザー サポート 顧客満足度

対応エリア

全国

マイナビ看護師

4.25

おすすめポイント

  • 圧倒的顧客満足度
  • 内部情報の提供
  • 豊富な求人数

対応エリア

全国
求人数 スピード サポート
アドバイザー サポート 顧客満足度

対応エリア

全国

著者情報

ナースリンク編集部
ナースリンク編集部Twitter:@nurse_link
看護師の皆様に向けて、転職の際に役立つ情報をお届けしています。掲載している情報については、現役看護師の皆様の声や、プロの看護師転職エージェントの意見をもとにして中立公正の立場で提供するように努めています。
おすすめ

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2020年06月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2020年06月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2020年06月の登録数:4

関連記事

Top