どうしても気になっちゃう!看護師の職業病あるある5選

00007

仕事を離れてプライベートな時間を過ごしているのに、つい職業柄のクセが出てしまったという看護師さんは少なくないはず。無意識でやっているだけに、「やってしまった」と自分でもビックリしたり、笑ってしまったりしますよね。でも安心してください!

看護師のあるあるは、看護師の業務が大好きで仕事にプライドを持っている証拠です。今回は、そんな看護師あるあるをいくつかご紹介したいと思います。あなたはいくつ当てはまるでしょうか。

気づくと血管をチェック

職場じゃないのに、ふと人の手を見ると血管をチェックしてしまうという看護師は多くいます。電車の中や、エレベーターの中など、他人の手や腕が見えるシチュエーションは意外に多いものです。目に留まってしまったら最後、血管の細さや注射のしやすさなど、気づくと注射をイメージしている自分がいるのではないでしょうか。

ふと我に返り、焦って目線を周りの景色に移したものの、気まずい経験をしたという人も多いはず。でも大丈夫、看護師なら誰もが経験している「あるある」です。いろいろな人の血管を見ることは看護師の業務にきっと生かされているはずですよ。

看護師の動きを無意識にチェック

子どもを連れてかかりつけの病院に行った時や、自分の体調が思わしくなく時は自分の職場ではない病院を受診するかと思いますが、無意識に看護師の動きを視線で追っているということありませんか?

看護師は業務をしながらいかに効率的に動くかもポイントの一つ。自分であればこう動くというようにシミュレーションをしてしまったり、患者さんへの声のかけ方が気になったり、という人が多いようです。なかには、自分自身のスキルとして取り入れるため、あえて見るようにしているという勉強熱心な看護師さんまでいます。

場面に関係なく使ってしまうあの言葉

次はちょっと笑ってしまう看護師あるあるです。患者さんの診察が終わると「お大事に」と見送る看護師。毎日何十回、いや何百回も言いすぎているせいか、「お大事に」という言葉が染みついてしまっているのでしょう。

看護師以外の友達との別れ際に「お大事に」と言ってしまったり、親戚の集まりで「失礼します」と言うつもりが「お大事に」と言い間違えてしまったというケースもあるようです。

そのほか、小児科勤務のナースは子ども相手に話をするため、自分を「看護師さんはね」と変換して話す癖がついており、思わぬところで「看護師さんはね」と言ってしまう「あるある」も。

言ってしまった本人はちょっと恥ずかしいですが、周りの人たちの空気を和ませてくれる魔法の言葉になることもあります。間違って言ってしまっても大丈夫。「つい言っちゃうんですよね」と一緒に笑い話にしてしまいましょう。

話しかけられると「どうしました?」と看護師目線で反応

次は無意識に出て困ってしまう「あるある」について。街で道を聞かれた時、患者さんとのやりとりのように「どうしました?」と返答してしまったことがある人も多いようです。後ろや横から、不意をついて話しかけられただけに、患者さんに声をかけられたと無意識に勘違いしてしまうみたいですね。

相手はもちろん、用事があって話しかけたのに「どうしました?」と言われ、気まずい空気が流れてしまうこともあるかもしれません。でも、こんな時は終わり良ければすべて良しと、笑ってごまかしちゃいましょう。

そのほか、自宅の電話が鳴った時にナースコールと勘違いし、「どうしました?」と言ってしまうケースも。患者さんを第一に考えている看護師だからこそのあるあるですね。

また書いちゃった!手にメモ

休日には掃除に洗濯、そして日用品の買い物など、仕事のある日にできないことを一気に済ませる人は多いと思います。看護師として働いている時は、小さな事でもメモする習慣がついている人が多いので、メモ用紙がなければ手にメモをするというケースもよくあります。

それがプライベートでも気づくと手にメモしている場合も少なくありません。外出先に限らずもちろん自宅の中でも。
「何かあったらすぐにメモ」という行動が体に染みついているのは良い習慣ともいえますが、さすがにプライベートでは手にメモをやめたいと思う人は、スマートフォンの便利なメモ機能など、アプリを活用してみるのも一つの方法ですよ。

いかがでしたか。看護師あるあるはあって当然なので、気にする必要はありません。多くの業務をこなす看護師は、覚えることがたくさんある分、仕事を離れた場面でも職業病として努力している証拠が現われているのかもしれませんね。
「やってしまった」と思った時は恥ずかしいかも知れませんが、周りは意外とほのぼのと見ているものです。これらのあるあるを元に看護師同士で盛り上がるのも楽しいのではないでしょうか。笑って、話して共有することで、本来の業務に対してより意識を高く持って取り組むことができるかもしれませんね。

転職や、就職を考えている方は転職サイトがおすすめです。

なんで看護師転職サイトに登録したほうがよいの?
なぜなら、転職サイトには皆さんが決して入手できない、下記の情報が集まっているからです。
過去に働いていた看護師からのリアルな口コミ
病院の採用担当者から聞いたリアルな職場事情
転職エージェント担当者の直接取材に基づくリアルな情報
具体的にどんな情報を教えてくれるの?
例えば、下記のような内部情報を教えてくれます。わからないことがあれば、あなたの代わりに直接病院に聞いてもくれますよ!
  • 職場の人間関係
  • 入植後のリアルな年収上昇カーブ
  • 過去に辞めた看護師の退職理由
病院の情報を詳しく知りたいならどの転職サイトがおすすめかしら?
東京エリアの求人に強い会社がオススメです。30社以上の中からナースリンクが厳選した3社はコチラ!下記3社の中から少なくとも2社に登録しておけば、より客観的な情報が得られてオススメです!

看護のお仕事

4.95

おすすめポイント

  • 転職祝い金最大12万円
  • サポートの手厚さ
  • 国内最大級13万件以上の求人数!

対応エリア

全国
求人数 スピード サポート
アドバイザー サポート 顧客満足度

対応エリア

全国

ナース人材バンク

4.52

おすすめポイント

  • 紹介支援実績No.1
  • 年間10万人以上が利用
  • スピード、サポート力

対応エリア

全国
求人数 スピード サポート
アドバイザー サポート 顧客満足度

対応エリア

全国

マイナビ看護師

4.25

おすすめポイント

  • 圧倒的顧客満足度
  • 内部情報の提供
  • 豊富な求人数

対応エリア

全国
求人数 スピード サポート
アドバイザー サポート 顧客満足度

対応エリア

全国

著者情報

ナースリンク編集部
ナースリンク編集部Twitter:@nurse_link
看護師の皆様に向けて、転職の際に役立つ情報をお届けしています。掲載している情報については、現役看護師の皆様の声や、プロの看護師転職エージェントの意見をもとにして中立公正の立場で提供するように努めています。
おすすめ

看護のお仕事

転職祝い金最大12万円!サポートの手厚さでなら看護のお仕事

おすすめ度 1位
転職祝い金 最大12万円
求人件数 全国13万件以上
エリア 全国対応
2020年05月の登録数:1

ナース人材バンク

業界最大手!転職支援実績No.1ならナース人材バンク!

おすすめ度 2位
転職祝い金 なし
求人件数 全国20万件以上
エリア 全国対応
2020年05月の登録数:2

マイナビ看護師

顧客満足度96.3%!大手だから安心のマイナビ看護師

おすすめ度 3位
転職祝い金 なし
求人件数 日本最大級
エリア 全国対応
2020年05月の登録数:4

関連記事

Top